応急処置(PRICE)

topics

スポーツ中に起こりやすい肉離れ・打撲・捻挫などの急性外傷。いざというとき、自分や一緒にスポーツをされる方のために正しい対処法を身につけておくと安心です。ケガの応急処置方法である「PRICE処置」を覚えておきましょう。早期のPRICE処置は、ケガの予後を左右します。ただし、あくまでも応急処置であって治療ではありませんので、処置後はすみやかに医療機関を受診しましょう。

消炎鎮痛剤
また、捻挫は急性期と慢性期に分けられます。急性期というのは痛みや腫れが出ている時期になり、慢性期は痛みや腫れが引いたあとになります。捻挫直後は安静にして冷却する、その後、冷湿布(消炎鎮痛剤)などで炎症を抑えましょう。

冷却ジェルについて
冷えピタなどを捻挫の際に使用している光景を見かけますが、冷感ジェルシートは冷たさを感じる神経を刺激するメントールという成分による苦痛緩和が主な目的で、蒸発熱を利用した冷却効果は限定的です。捻挫や熱中症に対しても同様に体温を下げる効果はありませんので注意しましょう。
例えば、冷えていないビール缶に冷えピタを貼り付けて冷えますか?冷えませんよね。冷感と冷却は異なります。

Protect(保護)
まずは怪我人の保護、受傷部位の保護を行い、コート外で安静に出来る場所へ確保しましょう。

Rest(安静)
まずは安静に保つことが大切です。安静とは、必ずしも横にして寝かせるとは限りませんが、むやみに動かすと悪化してしまう可能性があります。足首を回したり、アキレス腱を伸ばしてみたりせず安静にしましょう。アキレス腱断裂などの場合には、足の甲をやや伸ばした状態で固定することで苦痛が軽減されます。

Icing(冷却)
患部を氷や氷水などで冷やします。体温を下げることで、患部の毛細血管が収縮して、腫れや内出血、痛みなどが抑えられます。具体的には、氷を氷嚢やビニール袋に入れて患部に当て、20〜30分ほど冷やします。ピリピリとした痛みが出たあと無感覚な状態になったら、一度氷を外してゆっくり皮膚感覚を取り戻します。そのあと再び氷を当てましょう。これを何度か繰り返します。氷がない場合はタオルを水に浸してこまめに交換しましょう。冷やしすぎると回復の遅れや凍傷になるリスクがあるので注意しましょう。ただし、熱中症の場合は既に露出している首筋など太い血管がある場所を冷やします。

Compression(圧迫)
患部にテープなどを巻いて圧迫し、腫れや内出血を最小限に抑えます。きつく圧迫しすぎると血流障害や神経障害を起こしますので、しびれや変色が生じたらすぐに緩めましょう。

Elevation(挙上)
患部を心臓より高い位置に保ちます。血液が心臓に向かって流れるので、内出血による腫れを防ぐことができます。